浮動小数点コプロセッサ

用語の解説

浮動小数点コプロセッサとは

(フドウショウスウテンコプロセッサ)

 浮動小数点による数値演算を行なう専用のプロセッサ。

「co」は「協調」を意味する接頭辞。  386当時はCPUとは独立したチップとしてシステムに追加するようになっていたが、486以降はCPU内部にこのコプロセッサを含むものが一般化した。 この専用プロセッサにより、グラフィックス処理などで発生する浮動小数点演算を高速に行なえるようになる。 ただしワードプロセッサやスプレッドシートなどの一般的なビジネスアプリケーションでは、処理のほとんどが整数演算で、浮動小数点コプロセッサの効果は小さい。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]