浮動小数点数

用語の解説

浮動小数点数とは

(フドウショウスウテンスウ)

 コンピュータが数値を扱うときの表現手法の一つ。

数値を、各桁の値の並びである「仮数部」と、小数点の位置を表わす「指数部」で表現する方法。 仮数部に、底を指数でべき乗した値をかけて実数を表現する。 表現できる数値の範囲が広いため、科学技術計算等に向いている。 小数点に関する処理が必要になるため、特定の位置に小数点を固定している固定小数点数に比べると、計算速度は遅い。 表現できる数値の幅に応じて、単精度実数や倍精度実数などの種類がある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]