編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

禁則処理

用語の解説

禁則処理とは

(キンソクショリ,Japanese hyphenation,)
禁則処理とは、ワープロソフトなどが持っている機能のひとつで、読みにくさや紛らわしさを回避するために、強制的に文字が移動する処理のことである。
禁則処理では、句読点や記号などが、行頭や行末に配置されると読みにくくなるため、それらを強制的に移動させる。 例えば、「、」や「。 」は行頭から行末に移動し、「(」や「¥」などが行末に置かれた場合には、行頭に移動する。 このため、これらの文字を意図的に行頭や行末に配置したい場合は、禁則処理を設定で無効にする必要がある。 もともとは、原稿用紙に文章を書く場合の禁則と同様のルールで、それらをワープロソフトなどに取り入れたものである。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]