編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

禁則

用語の解説

禁則とは

(キンソク)
禁則とは、ワープロソフトやページレイアウトソフトにおいて、文章が読みにくくなることを避けるため、または表示の見た目を調整するためのルールのことである。
おおむね、原稿用紙で作文する場合のルールに相通ずる。 例えば、行頭にあると具合の悪いもの、つまり句読点( 、 )( 。 )や三点リーダ( … )などは、行頭禁止文字として前の行に押し込まれる。 逆に行末にあると具合が悪いもの、つまり始め括弧「 ( 」「 【 」などは、行末禁止文字として次の行に送られる。 あるいは、途中で切り離されると誤解を招きやすい値段などの数字や数詞は、分離せずに、分離禁止文字として、前の行に押し込まれるか次の行に送られる。 禁則を調整する作業や機能は、禁則処理と呼ばれる。 通常、禁則処理はソフトウェア側によって自動的に行われる。 特に禁則処理を解除したい場合には、手動で解除することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]