編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

秘密鍵暗号

用語の解説

秘密鍵暗号とは

(ヒミツカギアンゴウ,対称鍵暗号,共有鍵暗号,共通鍵暗号,慣用暗号,secret key cryptosystem,symmetric key cryptosystem,shared key cryptosystem,common key cryptosystem,conventional cryptosystem,)
秘密鍵暗号とは、暗号化と復号に同じ鍵を使う暗号方式のことである。
共通鍵暗号や対称鍵暗号と呼ばれることもある。 秘密鍵暗号の暗号方式には、多くのアルゴリズムが考え出されてきた。 中でもDES(Data Encryption Standard)は、鍵の長さが56ビットの代表的な秘密鍵暗号であり、長らく米国標準の暗号方式として使われてきた。 安全性、信頼性が高い暗号方式の研究により暗号の強度がいかに高くなろうと、秘密鍵暗号には、大きな弱点がある。 それは鍵の秘密保持の問題である。 どのように安全に相手に秘密の鍵を伝えるかの問題、また、相手が多くなれば多くなるほど危険性が高まるからである。 しかし、この問題は公開鍵暗号の発見により飛躍的に改善されることとなった。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]