符号拡張

用語の解説

符号拡張とは

(フゴウカクチョウ,sign extension,)
符号拡張とは、符号付きのデータをビット長の大きいデータに変換する際に、値を変えないようにビットを補ってデータを拡張することである。
符号拡張のためには、符号ビットと同じ値で同じ大きさになるように埋める。 8ビットのバイト値を16ビットのワード値として取り扱う際の具体例では、8ビットの-2(2の補数表現で11111110)を符号拡張すると、16ビットの-2(1111111111111110)となる。 なお、符号拡張を行うと都合が悪い場合もあるため、プロセッサには、符号拡張を行う命令と、行わずに単純に0で埋める命令を持っていることが多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]