第三世代携帯電話

用語の解説

第三世代携帯電話とは

(ダイサンセダイケイタイデンワ,3G,3rd generation mobile phone,)
第三世代携帯電話とは、ITU(国際電気通信連合)によって定められた「IMT-2000」規格に準拠したデジタル携帯電話の方式の総称である。
GSMやPDCなどの形式を取る第二世代携帯電話方式と比較して、高速なデータ通信が可能となっており、高音質な通話や動画の配信、およびテレビ電話機能など、さまざまなマルチメディア通信サービスが提供可能となる。 また、世界中どこにいても同じ携帯電話が使えるよう国際ローミングも実現している。 IMT-2000では、当初は1つの規格に統一する予定であったが、各国事情などを考慮し、現在では5つの規格が勧告されている。 実際に利用されているものとしては、日本のNTTドコモやボーダフォンおよび欧州で採用されているW-CDMA、および、auや北米で採用されているcdma2000がある。 また、中国で用いられる予定のTD-SCDMA、そのほかに、北米型のUWC-136やヨーロッパ型のDECTがある。 日本においては、世界に先駆けてサービスが開始され、NTTドコモからはFOMAが、auからはWINが、またボーダフォンからは、Vodafone 3Gがサービスとして提供されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]