第5層

用語の解説

第5層とは

(ダイゴソウ,レイヤー5,セッション層,session layer,)
第5層とは、ネットワークにおけるプロトコルの機能を分かりやすくするために整理されたOSI参照モデルにおける第5層に位置するデータ通信モデルのことである。
データが流れる論理的な回路の確立や切断、回線状態などの管理方式が規定されている。 第5層において、データの送受信における始点・終点でのデータ形式などが規定され、この層で論理的な通信路が確立される。 この層(セッション層)から最上位層(アプリケーション層)までの通信方式は、例えばHTTPのように単一のプロトコルで定められる場合が多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]