結合テスト

用語の解説

結合テストとは

(ケツゴウテスト,統合テスト,join test,)
結合テストとは、システム開発におけるプログラムの検証作業の中でも、手続きや関数といった個々の機能を結合させて、うまく連携・動作しているかを確認するテストのことである。
結合テストでは、個々の機能を果たすためのプログラム部品(プログラムモジュール)を組み合わせて、データの受け渡しがうまく行われているか、コードの記述様式は揃っているか、データを授受するタイミングはずれていないか、といった点が確認される。 結合テストで不備が発見された際には、再度コーディングが行われる。 プログラムの検証作業では、はじめに個々のプログラムモジュールがきちんと仕様どおりに機能しているかを確認する「単体テスト」が行われる。 単体テストによって個々のプログラムモジュールが問題なく機能すると確認された際に、結合テストによって連携が確かめられる。 結合テストで問題がないと確認されたら、次にはモジュールの組み合わせをさらに複合させてひとつのシステムを形成させ、モジュールの連携によって構築されたシステムが全体として予定通りの機能を満たしているかどうかを確認する「システムテスト」が行われる。 さらに顧客に試用してもらって顧客の要望がきちんと満たされているかどうかを確認する「承認テスト」が行われる。 これら一連のテストを経て、システムが完成する。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]