結晶系シリコン太陽電池

用語の解説

結晶系シリコン太陽電池とは

(ケッショウケイシリコンタイヨウデンチ)
結晶系シリコン太陽電池とは、シリコン基板を使用した太陽電池のことである。
同じ結晶系シリコン太陽電池でも、単結晶のシリコン基板を使用したタイプと、多結晶のシリコン基板を使用したタイプとがある。 単結晶の結晶系シリコン太陽電池は、割合高価であるが高い信頼性を持っている。 他方で多結晶の結晶系シリコン太陽電池は、比較的安価であり、現在はこちらが主流となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]