編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

耐タンパー性

用語の解説

耐タンパー性とは

(耐タンパーセイ)

 ソフトウェアやハードウェアが備える、内部構造や記憶しているデータなどの解析の困難さ。

 機密情報を処理したり保存したりするソフトウェア・ハードウェアは、容易に外部から解析できないよう、様々な防護策を講じる必要がある。 非正規な手段による機密データの読み取りを防ぐ能力を耐タンパー性という。

 耐タンパー性を高めるには、外部から読み取りにくいよう機密性を高める方法と、外部から読み取ろうとするとプログラムやデータが破壊されてしまう機構を設ける方法の二通りの方法がある。

 前者の例としては、プログラム自体を暗号化しておき、実行時に必要な分だけ復号して実行するソフトウェアなどがある。 また、後者の手法はハードウェアで取られることが多く、チップ表面が空気に触れると記録内容が消滅するメモリチップや、信号を読み出すプローブを取り付けると動作できなくなる回路などがある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]