耐久テスト

用語の解説

耐久テストとは

(タイキュウテスト)
耐久テストとは、PC本体やハードディスクドライブなどのハードウェアや、システムが、長時間稼動させても問題ないかどうかを調べることである。
システムの場合は、長時間システムを稼動し続けて問題がないかどうかをテストする。 ハードウェアの場合は、外部からの衝撃や圧力、落下、振動などの障害があっても、どこまで問題なく稼動するかということをテストすれば、製品として強度が高いということを示すことにもなる。 ハードウェアの耐久テストでは、落下などの障害にどの程度まで耐えるかということを調べるが、特にノートパソコンは持ち運びの機会が多いため、落下や振動の耐久テストがより重視される。 他にも、外部機器とのコネクタに実際各ケーブルを抜き差しして耐えるか、また、ケーブルを引っ張っても問題ないか、という試験を行ったり、経年変化によって発生する故障を検証するため、高加速寿命試験を実施する企業もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]