編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

行端揃え

用語の解説

行端揃えとは

(ギョウタンゾロエ,両端揃エ,均等割リ付ケ,均等割付ケ,均等割付,均等配置,ジャスティフィケーション,justification,)
行端揃えとは、ワープロソフトやプレゼンテーションソフトにおける文字揃えの機能のうち、行頭と行末に文字が配置されるように文字間隔を調整する機能のことである。
文書作成用のソフトでは、通常、左端揃えを標準に設定されているが、左揃えで文書を記述すると、必ずしも右端が揃うとは限らない。 行端揃えを実行すると、文章全体の両端を揃えることができるため、全体的な体裁を整えることができる。 他方、ある行が他の行に比べて極端に文字数が少ない場合、文字間隔が必要以上に広がり、読みづらくなったり、見栄えも却って悪くなったりする場合がある。 なお、行全体ではなく、一部の文字列だけを均等に配置する機能は、均等割り付けと呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]