編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

表記ゆれ

用語の解説

表記ゆれとは

(ヒョウキユレ)
表記ゆれとは、同音・同意味の語句について異なる文字表記が付されることである。
特に1つの文書において、同じ語句に対して異なる表記が存在することを指す場合が多い。 表記ゆれが起こりやすい言葉としては、「サーバー」と「サーバ」、「バイオリン」と「ヴァイオリン」などの例がある。 一般的なワープロソフトには、表記ゆれが発生した時点で、自動的に該当する語句に下線などを表示してユーザーに注意を促す機能が搭載されている。 手動でこの機能を動作させることもできる。 ただし、必ずしもすべての表記ゆれが検出されるとは限らないので、重要な文書や公式文書などの場合は、人の目によるチェックなど十全の注意が必要となる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]