計算言語学

用語の解説

計算言語学とは

(ケイサンゲンゴガク,Computational Linguistics,)
計算言語学とは、言語学をコンピュータ科学からアプローチすることにより生まれた自然言語処理に関わる研究分野のことである。
コンピュータで処理可能な膨大なテキストが増え続けている時代背景からも、内容を素早く知りたいという要望に応えるための自動要約技術や、異言語コミュニケーションに欠かせない機械翻訳技術なども計算言語学の一分野である。 文章の統計的解析による著者の推定や、日本語入力システムの仮名漢字変換など、多くの技術が計算言語学により支えられている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]