編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

記憶クラス

用語の解説

記憶クラスとは

(キオククラス,storage class,)
記憶クラスとは、プログラミング言語における変数の保存方法の定義のことある。
記憶クラスを定義することで、変数がメモリ上のどこに保存され、どのように維持され、どの範囲に適用されるのかといったことが決められる。 記憶クラスの定義には、記憶クラス指定子と呼ばれる指定子が用いられる。 記憶クラス指定子の種類としては、auto(自動)、register(レジスタ)、extern(外部)、static(静的)などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]