編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

記憶コード

用語の解説

記憶コードとは

(キオクコード,ニーモニックコード,mnemonic code,)
記憶コードとは、コンピュータが実行可能な機械語のプログラム(数字を並べたもので表現される)を人間が理解できるように簡略化した英単語や記号の組み合わせに置き換えたもののことである。
アセンブリ言語の記述に用いられ、ニーモニックコードとも呼ばれる。 また、アセンブラと呼ばれるソフトウェアによって機械語に変換されるため、「アセンブラコード」などとも呼ばれる。 記憶コードは、機械語と1対1に対応しているため、冗長さのない高速でコンパクトなプログラムを記述できるが、一方で、原始的で構造が単純であるため、習得に時間がかかり、また大規模なソフトウェアの開発や多人数による共同での開発には向かないという面もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]