編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

記憶素子

用語の解説

記憶素子とは

(キオクソシ,記憶セル,半導体メモリー,memory device,)
記憶素子とは、メインメモリなどの記憶装置に用いられる、データを記憶保持する役割を持つ半導体回路のことである。
記憶素子は、状態の変化によって「1」と「0」いずれかを示す状態を保持することができる。 これを2進法のデータとして扱うことで、文字や画像をはじめとする様々な情報がコンピュータ上で扱えるようになっている。 1個の記憶素子が扱う情報量は1ビット(bit)である。 メモリは大別してRAMやROMに分類でき、さらにSRAM、DRAM、MRAM、PROM、EPROM、EEPROM、UV-EPROMなどに分類することができる。 これらそれぞれにおいて記憶素子のデータを保持する方式は異なる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]