編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

記録モード

用語の解説

記録モードとは

(キロクモード)

デジカメで撮影した画像の解像度が高いほど、ファイルサイズは大きくなる。

100万画素以上のデジタルカメラでは、最も高画質のモードで撮影すると、4MBの容量を持った記録メディアでは数枚しか保存できない。 しかし必ずしも高解像度の画像が必要なわけではない。 ウェブページにアップロードするのに大きな画像は読み込みに時間がかかるため、適していない。 モニタで表示させるためだけなら、それほど高い解像度は必要ない。 そんなときには記録モードを下げて撮影すれば保存できる枚数も増え、ファイルも扱いやすくなる。 記録モードはだいたいの機種で、ファイン、ノーマル、エコノミーがあり、さらに記録解像度を落として撮影することができる機種もある。 しかし記録した画像をキレイに印刷したいのであれば、どうしても高画素数、高解像度のモードで記録する必要がある。 画像の用途によって、記録モードを変えるのがデジカメの賢い使い方。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]