負荷テストツール

用語の解説

負荷テストツールとは

(フカテストツール,ストレステストツール,stress test tool,)
負荷テストツールとは、システムが実際の業務に耐えられる処理能力を持っているかどうかを検証するために用いられうソフトウェアのことである。
システムに対して擬似的に大量アクセスを発生させ、反応を検証する「負荷テスト」を行うものである。 通常は何の異常もなく稼動しているシステムも、不意に膨大なトラフィックが舞い込んできたり、普段はないような負荷の高い処理がたくさん要求されたりして、システムに多大な負荷がかかると、システムは停滞するかハングアップするかして支障を来たすものがある。 こうした異常の可能性は通常の運用では検証できないので、敢えて大量のアクセスをかけることによって検証される。 負荷テストが行われることによって、アクセスがどれだけ増えるとレスポンスが低下したりシステムダウンしたりするのかを確認することができる。 負荷テストツールは、同じIPアドレスに対して多量のリクエストを発信する。 「1秒間で100のリクエスト」や、完全に同時に10のリクエストを発するなど、様々なパターンのリクエストを設定して発信することが可能である。 負荷テストツールは、Webサーバーの公開前などの場合に用いられることが多い。 サーバーが充分なアクセスに耐えられないと判明された場合、メモリの増設やロードバランサーの設置などによって処理・通信の性能を向上が図られる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]