負荷分散装置

用語の解説

負荷分散装置とは

(フカブンサンソウチ)

 外部ネットワークからの要求を一元的に管理し、同等の機能を持つ複数のサーバに要求を転送する装置。

なるべく多くのサーバに要求を分散して送信し、各サーバが快適な応答速度を保つことを目的としている。

 単純なサービスを運用する分には各サーバに要求を均等に配分する負荷分散装置があれば十分だが、サーバの能力にばらつきがある場合は、各サーバの反応速度に応じて要求を転送するなど、高度な機能を持つ負荷分散装置が必要になる。

 また、一連のトランザクションを行なうために1つのサーバと複数回通信する必要がある場合は、同じクライアントからの通信を常に同じサーバに転送するという機能も必要となる。 サーバに専用のアプリケーションを導入することで、そのサーバを負荷分散装置として使用することもできる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]