負論理

用語の解説

負論理とは

(フロンリ)

 デジタル回路で情報を表現する方法の一つで、電圧レベルが低いときを1、高いときを0とする論理構造。

ローアクティブとも呼ばれる。

 逆に、電圧レベルが低いときを0、高いときを1とするのを正論理(ハイアクティブ)という。 一般的なデータ回路などは正論理で設計されることが多いが、割り込み制御用信号線などでは負論理回路で設計されることが多い。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]