編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

赤目軽減モード

用語の解説

赤目軽減モードとは

(アカメケイゲンモード,red-eye reduction,)
赤目軽減モードとは、カメラ撮影の際に生じる「赤目」(赤目現象)を抑えるモードのことである。
カメラでフラッシュ撮影をする際、暗所で瞳孔の開いた瞳は、網膜の毛細血管が光を反射させるために赤く写ることがある。 これが赤目と呼ばれている。 逆に言えば、あらかじめ瞳孔が閉じていてればフラッシュをたいても赤目現象は起こりにくい。 赤目軽減モードでは、主に、撮影用のフラッシュをたく前にもフラッシュの光を発しておくことで、あらかじめ瞳孔を収縮させておく、といったことを行う。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]