編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

起動ディスク

用語の解説

起動ディスクとは

(キドウディスク)

パソコンを動かしたときに、いちばん初めにプログラムを読みにいくドライブが起動ドライブ、起動ドライブとして使用されるハードディスクやフロッピーディスクを起動ディスクという。

ウィンドウズで起動ディスクは「コントロールパネル」内の[アプリケーションの追加と削除]の画面から[起動ディスク]のタブをクリックし、その画面にある[ディスク作成]で作ることができる。 ハードディスクからパソコンが起動しなくなってしまった場合に、この起動ディスクからパソコンを動かして診断プログラムを使うためのもの。 またプリインストールパソコンでは、ソフトをインストールしなおす際に使う起動ディスクが同梱されている。 この起動ディスクとリカバリーCDがあれば、ハードディスクをフォーマットした後でも購入時と同じソフトを再インストールすることができる。 トラブル時にいちばん頼りになるのが起動ディスクだ。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]