踏み台攻撃

用語の解説

踏み台攻撃とは

(フミダイコウゲキ)

 セキュリティ対策の甘いサイトに不正侵入し、他サイトの攻撃の中継サイトとして利用すること。

一般的な不正アクセスでは、攻撃元の特定を困難にするため、複数のサイトを踏み台にするのが普通。 また、大量のメールを送信するSPAMを行なう際に、SMTPサーバを中継として利用する場合もある。

 踏み台攻撃では、中継に利用されたサーバの管理者が不正利用されていることに気がつかない場合も多い。 しかし、結果的にクラッキング行為の幇助を行なっていることがあるので、会社の信用問題に発展するケースもある。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]