編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

近紫外線

用語の解説

近紫外線とは

(キンシガイセン,UV-A,UltraViolet rays A,)
近紫外線とは、紫外線(UV)の中でも、約300~400nmの波長を持った最長波長の紫外線のことである。
紫外線は、波長によってUV-A(400~315nm)や UV-B(315~280nm)、UV-C(280~100nm)に分類される。 この波長の違いによって、物理的作用、化学的作用、生理的作用が異なる。 紫外線の中でも近紫外線は、波長が可視光線に近い分、生物に与える影響はUV-BやUV-Cに比べても少ないと考えられている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]