編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

逆オークション特許

用語の解説

逆オークション特許とは

(ギャクオークショントッキョ,プライスライン特許,reverse auction patent,)
逆オークション特許とは、ビジネスモデル特許の一種で、商品の購入希望者が希望した条件と価格を、仲介者が販売業者に提示し、業者が取引したい価格を示すことで取引が成立するという仕組みによって取得された特許のことである。
逆オークション特許は、通常のオークションとは手順が逆転した方式である。 米国で特許が申請され、米国特許第5,794,207号として1998年に特許が認められたし。 権利はWalker Asset Management Ltd. Partnershipが保有している。 逆オークション特許は、商取引の仕組みそのものに対して特許が与えられた事例として話題を読んだ。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]