編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

電力変換効率

用語の解説

電力変換効率とは

(デンリョクヘンカンッコウリツ,efficiency of power conversion,)
電力変換効率とは、入出力される電力が変換される効率を値で表したもののことである。
入力電力PINと、出力電力POUTの比率によって表される。 電力変換効率(η)は、「η=POUT/PIN」によって表される。 電力変換効率は、ηが1に近ければ近いほど効率が良いことになり、内部の損失が少なくなる。 従って、電力変換効率を向上させれば、その分だけ電源装置を小型化することが可能である。 出力電圧や電力によって多少の誤差はあるものの、スイッチング型電源については5V出力で75%以上、24V出力では80%以上が一つの目安とになっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]