編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

電子ペーパー

用語の解説

電子ペーパーとは

(デンシペーパー,electronic paper,)
電子ペーパーとは、電気的に表示を行うディスプレイでありながら、紙の長所を備えたような、薄型ディスプレイのことである。
電子ペーパーに求められる要素としては、軽さ、薄さ、柔軟さ(フレキシブルディスプレイ)、また、一旦画像を表示すれば、電源を切っても表示内容を保持できる(電子インク)などがある。 電子ペーパーは、特定の波長(光)のみを反射するコレステリック液晶材料を採用した青・緑・赤それぞれの液晶層の前後に透明電極を設置して電圧をかけ、液晶分子の向きを変えることで色を選択し、フルカラー表示を実現する。 2008年7月の時点では、電子ペーパーは、広く普及するまでには至っていないが、電車の中吊り広告や、店舗における値札表示、湾曲した壁面での情報掲示などの用途が想定されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]