編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

電子マネー自販機プラットフォーム

用語の解説

電子マネー自販機プラットフォームとは

(デンシマネージハンキプラットフォーム)
電子マネー自販機プラットフォームとは、JR東日本のグループ企業であるJR東日本ウォータービジネスが開発した、Suicaをはじめとする電子マネーを飲料自動自販機の決済やマーケティングに活用するためのプラットフォームである。
電子マネー自販機プラットフォームは、街中の自動販売機に電子マネーを導入するためのシステムやハードウェアなどをパッケージ化したものである。 Suicaに代表される交通系の電子マネーに対応したセンターサーバーと、POS(販売時点情報管理)機能を備えたICユニットで構成されている。 電子マネー自販機プラットフォームの導入により、消費者は街中の自動販売機でもSuicaなどの電子マネーによる決済が可能となり、自販機の設置者は時間帯別の売れ行き情報などの各種販売データが把握できるようになる。 飲料メーカー等は、自販機の売上管理に用いる端末を同プラットフォームに対応させることで、テレメトリングによる自販機内の在庫確認が可能になる。 JR東日本ウォータービジネスは、これまで駅構内(エキナカ)へのSuica自販機の設置を行ってきたが、今後「マチナカ」へも広めると発表している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]