編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

電子メールアドレス

用語の解説

電子メールアドレスとは

(デンシメールアドレス,eメールアドレス,e-mailアドレス,メールアドレス,メルアド,メアド,e-mail address,mail address,)
電子メールアドレスとは、インターネット上で交換される電子メールにおいて利用されている、送信元や送付先などを表す文字列のことである。
RFC 2822で定義されている。 電子メールのアドレスは、アットマーク(@)を挟んで、左側に各ドメイン上のユニークなユーザーを表す「ローカルパート」を、右側にはメールサーバーを表す「ドメインパート」を記述する形式がとられている。 例示すれば、「localpart@some.domain.jp」のような形式である。 ローカルパートの文字列は、ほとんどの場合、既得の文字列と重複していない限り自由に設定できる。 なお、ドメインのデフォルトのメールサーバーは、通常、DNSサーバーのMXレコードによって指定される。 電子メールは、メールサーバーからメールサーバーへと転送が繰り返されることによって配送される。 メールサーバーは、メールを受け取ると、電子メールアドレスのドメイン部を見て、自サーバー宛のメールであるかどうかを判別する。 もし自サーバー宛であれば、自サーバーのどのユーザーであるかを調べる。 電子メールアドレスは、単に送信先(電子メールの宛先)を示す他にも、送信元、カーボンコピー(CC)、ブラインドカーボンコピー(BCC)、返信先(Reply-to)、などを示すためにも用いられる。 また、インターネット上の会員制サービスにおいては、ユーザーを一意に識別できるID情報として、電子メールの登録を求める場合が少なくない。 これは本来の用途からは逸れるが、登録完了に必要な手続きの案内や登録完了の連絡などを当の電子メールアドレスに宛てて送ればよいというメリットもある。 電子メールアドレスで使える文字種は制限がある。 ローカルパートには英数字および一部の記号が使用可能である。 英字の大文字と小文字は区別される。 ドット( . )は、文字列の中間で、連続しない形でのみ使用可能である。 アットマーク(@)の直前にドットを打つことはできない。 インターネットサービスプロバイダ(ISP)やその他のサービスを通じて電子メールアドレスを取得する場合には、RFCの規定による使用可能な文字の制限の上に、さらに使用可能な文字の限定が行われている場合もある。 また、携帯電話における電子メールのサービスの中には、必ずしもRFC 2822の規定に準拠してはいない部分がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]