編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

電子印鑑システム

用語の解説

電子印鑑システムとは

(デンシインカンシステム,電子印鑑,)
電子印鑑システムとは、電子文書に対して、紙の書類に捺印するようにして印影をつけることができるICチップなどを内蔵した印鑑をはじめとする一連のシステムのことである。
電子印鑑システムを利用すると、タブレット型の入力装置と、専用の印鑑を使用して、現実にハンコをつくように、コンピュータ上の電子データに捺印することができる。 単に印影を施すだけでなく、認証機能と連携しており、偽造の阻止も実現される。 電子印鑑システムを利用すると、電子データを紙に出力せず、電子データのままで捺印ができる。 これにより、文書の承認・管理といった作業の効率化や、コスト削減などの効果が期待できる。 印刷したデータには通常の捺印と同様の印影がつく。 2005年にe-文書法が施行されたことで、従来は紙による保存が義務であった書類・帳票などの一部を電子データとして保存することができるようになったことで、電子印鑑システムの需要拡大が期待されている。 電子印鑑システムの普及を促進する団体として、2002年にシヤチハタ、ワコム、日商岩井(現双日)などにより設立された電子印鑑コンソーシアムがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]