編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

電子顕微鏡

用語の解説

電子顕微鏡とは

(デンシケンビキョウ,Electron microscope,)
電子顕微鏡とは、通常の光学顕微鏡のように観察対象へ光(可視光線)を当てて拡大する方式ではなく、電子(電子線)を当てて拡大する方式を取る顕微鏡のことである。
光学顕微鏡の分解能は、可視光線の波長によって理論的に100ナノメートル程度に制限されているが、電子顕微鏡の場合には、電子線の持つ波長が可視光線のものよりずっと短いため、分解能は理論的に0.3ナノメートル程度となっている。 そのため、光学顕微鏡では見ることのできない超微細な対象をも観察することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]