編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

電流帰還型OPアンプ

用語の解説

電流帰還型OPアンプとは

(デンリュウキカンガタオペアンプ,current feedback type amplifier,)
電流帰還型OPアンプとは、OPアンプの中でも、入力構造が従来の差動構造ではなくて非反転入力とされたバッファ回路となっているOPアンプのことである。
電流帰還型OPアンプの特徴としては、広帯域で高利得の増幅器を構成しても帯域が狭くならないという点が挙げられる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]