編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

非同期転送

用語の解説

非同期転送とは

(ヒドウキテンソウ)

 転送されるデータ(データパケットまたはビット列)自体にデータの開始と終了を示すマークを組み込み、不定期にデータを送信する方法。

非同期転送の典型的な例がモデムによるシリアル通信で、モデムはデータの開始部分にスタートビット、終了部分にストップビットと呼ばれるマークをつけてデータ転送を行なう。 受信側はこれらを解釈してデータを取り出す。 転送効率は悪いが、公衆回線などの比較的不安定な通信チャネルであっても確実にデータ転送を行なえる。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]