編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

.NET Compact Framework

用語の解説

.NET Compact Frameworkとは

(.NETCompactFramework)

 携帯電話やPDA、組み込み機器など、小型の情報機器のための縮小版.NET Framework。

Windows CE .NET、Windows Mobile向けに提供される。

 小型のデバイスでXMLやWebサービスに対応したネットワークアプリケーションを開発することができる。 開発者はVisual Studio .NETなどを使ってパソコンやサーバなどの.NET環境と同様の環境でプログラムを開発することができ、開発に必要な知識も多くが流用できる。

 APIや機能などは極力.NET Frameworkに準拠しているが、限られたメモリやディスクの容量、貧弱な入出力環境に配慮して、いくつかの機能は削減されている。 一部グラフィック機能やGUIコントロール、印刷のサポート、COMオブジェクトへのアクセス、高度なXML機能の一部などである。 また、小型デバイスに特徴的な赤外線通信などの機能は、.NET Frameworkに含まれないが.NET Compact Frameworkではサポートされている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]