編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

.NET Framework

用語の解説

.NET Frameworkとは

(.NETFramework)

 Microsoft .NET対応アプリケーションの動作環境。

クラスライブラリの集合体という形で提供される。

 .NET対応アプリケーションソフトは、コンパイル時に.NET Framework用の中間コード(「MSIL」と呼ばれる)に変換され、.NET Frameworkのランタイムが中間コードを再コンパイルし、OSごとのネイティブコードに変換して動作する。

 したがって、.NET対応アプリケーションは、.NET Frameworkがインストールされている環境であれば、OSなどに依存せず動作することができる。

 Java仮想マシンに近い性格を持つが、.NET Framework自体は特定の開発言語に依存しない。 Microsoft社が提供する主要な開発言語であるVisual Basic/C++/C#などのほか、サードパーティがこれ以外の開発言語を.NET Frameworkに対応させることもできる。

 .NET Frameworkはランタイムとして動作するため、.NET対応アプリケーションを動作させる環境では必ずインストールが必要になる。 Windows 98/NT 4.0以降のWindowsに対して.NET Frameworkが用意されるが、この他のOS上で動作する.NET Frameworkを作成することも可能とされている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]