編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

.NET Framework

用語の解説

.NET Frameworkとは

(ドットネットフレームワーク,Microsoft .NET Framework,.NETフレームワーク,)
.NET Frameworkとは、Microsoftが開発・提供している、WebサービスおよびWebアプリケーションのための開発環境、実行環境の名称である。
.NET Frameworkで利用できるもっとも特徴的な機能として、.NET Framework対応アプリケーションのための実行エンジンであるCLR(共通言語ランタイム)がある。 その他、クラスライブラリのセット、ASP.NETにより動的なWebページを実現したWebサービス向けのクラスライブラリなどが提供されている。 CLRは、Java仮想マシンと同じように、実行に際して特定のアーキテクチャに依存しない。 .NET Framework環境で開発されたアプリケーションは、.NET Frameworkのクラスライブラリを使用してソースコードが作成され、さらにコンパイラによってMSIL(Microsoft Intermediate Language)と呼ばれる中間コードに変換される。 MSILは、CLRによって特定のCPU命令に依存したネイティブコードに変換されるため、.NET Framework向けに開発されたアプリケーションは、ハードウェアやOSの違いにかかわらず、.NET Frameworkが実装されていれば実行することができるようになっている。 開発側から見ると、プラットフォームやOSに依存しないため、ソースコードの再利用が可能であり、アプリケーションの生産性を高めることができる。 .NET Framework対応アプリケーションは、Visual Studio .NETや、MicrosoftのWebサイトから無償でダウンロードできる開発環境などを用いて開発でき、CLRエンジンと呼ばれる仮想マシン上で実行される。 .NET Frameworkは、2000年7月に初めて発表された。 2008年8月現在の最新バージョンは、2007年11月に発表された.NET Framework 3.5 RTM版である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]