編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

.dll

用語の解説

.dllとは

(ディーエルエル,)
.dllとは、Windowsで、複数のアプリケーションが共通して使用できる(汎用性の高い)プログラムが部品化されて保存されたファイルに付く拡張子のことである。
.dllファイルは、「.exe」と同様にアプリケーション開発をコストダウンするために用意された。 構造は.exe形式と同じであるが、.dllは単独では動作しないという特徴がある。 同じプログラムを必要に応じてメモリーに呼び出し、複数のアプリケーションで共有することで、メモリーやハードディスクが節約できるというメリットが生じる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]