編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

.docm

用語の解説

.docmとは

.docmとは、Microsoftのワープロソフト「Word 2007」(Microsoft Office Word 2007)で作成された、マクロ機能が有効な文書ファイルに付く拡張子である。
.docmファイルには、VBAなどで設定されたマクロ機能を保存することができる。 マクロを援用すれば、複数の手順を要する一連の操作や、多くの箇所を変更対象とする作業などを、効率的に処理することができる。 Word 2007における標準的な文書ファイルは、「.docx」の拡張子によって保存される。 この形式はマクロのコードを保存しない。 マクロを記述しても、拡張子を.docxとして保存した場合にはマクロは消去される。 マクロを保存したい場合には、文書ファイルの保存時にファイルの種類を「マクロ有効文書 (*.docm)」へ指定する必要がある。 Word 2007よりも前の、従来のバージョンでは、マクロ機能の有無によるファイル形式の区別がなく、Wordの文書ファイルは一律してDOC形式(.doc)で保存された。 Office 2007になって、文書ファイルがOOXMLで扱われるようになった際、「.docx」や「.docm」といったマクロの有無による区別が採用された。 「.docx」も「.docm」も、基本的には同じXML形式を使用している。 デスクトップアイコンとしては、.docmの場合、文書のアイコンに加えて「!」(エクスクラメーションマーク)が重ねて表示される。 従来に比べて、拡張子によってマクロ機能を含んでいるか否か判別できる特徴を持つため、マクロウィルスなどのように悪意のあるコードを含む可能性のあるドキュメントを、あらかじめ特定し、より安全な対処を図ることができる。 Word 2007をインストールしていない環境で、.docmのファイルを開きたい場合、Wordの読み取り専用のアプリケーションである「Word Viewer」を利用すれば、閲覧・印刷が可能である。 この際、マクロを実行することはできない。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]