編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

.docx

用語の解説

.docxとは

.docxとは、Microsoftのワープロソフト「Word 2007」(Microsoft Office Word 2007)で作成された文書で標準的に用いられる拡張子である。
Word 2007を含むオフィススイート「Office 2007」では、ファイルを保存する形式として、従来のようなバイナリ形式ではなく、OpenXML(OOXML)と呼ばれるXMLベースの形式が新たに採用されている。 Word 2007より前のバージョンのWordで、そのまま.docxファイルを開くことはできないが、Microsoftが無償で配布している「互換機能パック」を追加インストールすれば、Office 2000やOffice 2003のWordでも.docxファイルを表示、編集、保存することができる。 また、Word 2007で編集した文書も、ファイル形式を従来のWordの標準形式であったDOC形式(.doc)にして保存すれば、従来のWordでファイルを自由に扱うことが可能である。 Microsoft Officeがインストールされていない場合、Microsoftから無償で提供されているファイル閲覧用のソフトウェア「Word Viewer」と、「互換機能パック」とを併せてインストールすれば、ファイルを表示させることができる。 なお、Word 2007のテンプレートファイルには「.dotx」、マクロ機能を有効にして保存した拡張子には「.docm」、マクロが有効なテンプレートには「.dotm」の拡張子が付く。 ちなみに、OOXMLではZIP圧縮の技術を使用し、文書データを圧縮して格納している。 そのため、ファイルの拡張子を手動で「.zip」に変更すると、ファイルを解凍し、XML形式のテキストファイルを取り出すことができる。 テキストをWordではない通常のテキストエディタで編集したり、また、文書中に埋め込まれた画像データを直接取り出したりといったことができるようになる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]