編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

.dotx

用語の解説

.dotxとは

.dotxとは、Microsoftのワープロソフト「Word 2007」(Microsoft Office Word 2007)で作成された、テンプレートのファイルに付く拡張子である。
.dotxファイルは、文書ファイルのうち、礼状や式次第のように代替の様式が定まっているファイルを、テンプレートとして保存するためのファイル形式である。 テンプレートとして保存しておけば、何度も一から作り直す必要がなくなり、入力作業を効率化できる。 Microsoft OfficeのWebサイトである「Microsoft Office Online」などでは、典型的なテンプレートもいくつか配布されている。 Word 2007では、ファイル形式として新たにOOXMLが採用されている。 それより前のバージョンでは、ファイルの形式が異なるため、.dotx形式のファイルはデフォルトでは対応していない。 ただし、従来のOfficeでも「Word Viewer」をインストールすれば、閲覧・印刷を行うことはできる。 なお、Word 2007ではマクロが設定されたファイルは「.docm」となるが、.dotx、および、.docxのファイルは、マクロのコードを削除して保存するため、マクロ機能を利用することはできない。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]