編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

.xlsb

用語の解説

.xlsbとは

.xlsbとは、Excel 2007で作成したブックを「XML形式でないバイナリブック」として保存する際に用いられる拡張子である。
Excel 2007をはじめとするMicrosoft Office 2007のアプリケーションは、ファイルを保存する基本的形式として、テキスト主体のXMLをベースとしたOpenXML(OOXML)に基づく保存形式を採用している。 そのため、Excel 2007の標準的な保存形式である.xlsx、.xlst、.xlsmなどはテキストファイルを含む状態で保存されている。 これに対して、.xlsbでブックを保存した場合はファイル全体がバイナリ形式で保存される。 .xlsbで保存されたファイルは、XMLベースである.xlsxなどのファイル形式で保存した場合と比べて、ファイルサイズを数分の1程度に抑えることができる。 拡張子「.xls」を標準的に使用するExcel 2003以前の旧バージョンでは、ファイルはバイナリ形式で保存されていた。 ただし、同じバイナリ形式であっても保存形式が異なるため、.xlsbファイルを旧バージョンのExcelで開くことはできない。 ちなみに、Excel 95では「BIFF5」、Excel 97からExcel 2003までは「BIFF8」、Excel 2007では「BIFF12」と呼ばれる保存方式が用いられている。 .xlsbではなく.xls形式でファイルを保存すれば、Excel 2007で作成したファイルも、旧バージョンのExcelで開くことができる。 ただし、.xlsで保存した場合、Excel 2007で新しく追加された機能は無効となる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]