編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

.xlsm

用語の解説

.xlsmとは

.xlsmとは、Microsoftの表計算ソフト「Excel 2007」(Microsoft Office Excel 2007)で作成された、マクロ機能が有効なブックに付く拡張子である。
Excel 2007で作成・保存されたブックの標準的な拡張子は、「.xlsx」である。 この拡張子は、マクロ言語の設定を保存しない。 マクロを登録した上で、あえて「.xlsx」でファイルを保存すると、マクロの設定は削除される。 VBAなどでマクロを設定し、マクロごと保存したい場合には、拡張子を「.xlsm」にして保存する必要がある。 Excel 2007をインストールしていない環境で、.xlsmのファイルを開きたい場合、Excel読み取り専用のアプリケーションである「Excel Viewer」を利用すれば、閲覧・印刷が可能である。 この際、マクロを実行することはできない。 従来のExcelのバージョンでは、ファイルにマクロ機能の有無に関するファイル形式の区別がなく、拡張子は一律して「.xls」だった。 Office 2007になって、文書ファイルがOOXMLで扱われるようになった際、「.xlsx」や「.xlsm」といったマクロの有無による区別が新たに採用された。 拡張子によってマクロ機能を含んでいるか否か判別できるため、マクロウィルスなどのように悪意のあるコードを含む可能性のあるドキュメントを、あらかじめ特定して、より安全に対処することができる。 Office 2007における他のアプリケーションでも、.xlsxと同様にマクロの有無によって拡張子が異なる。 例えば、Word 2007では通常の文書が「.docx」、マクロが付くと「.docm」となる。 同じくPowerPoint 2007では、通常の文書が「.pptx」、マクロが付くと「.pptm」となる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]