編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

.xltx

用語の解説

.xltxとは

.xltxとは、Microsoftの表計算ソフト「Excel 2007」(Microsoft Office Excel 2007)で作成された、テンプレートのファイルに付く拡張子である。
Excelでは、履歴書や献立表のようにあらかじめ様式の定まっているファイルを、テンプレートの形で保存できる。 テンプレート化しておけば、何度も一から作り直す必要がなくなり、入力作業を効率化できる。 また、MicrosoftのWebサイトなどで、典型的なテンプレートがいくつか配布されている場合もある。 Excel 2007で作成・保存されるブックの標準的な拡張子は、「.xlsx」である。 保存時にファイルの種類を「テンプレート」として選択すると、.xltx形式で保存される。 ファイル形式を区別することで、文書を種類ごとに分類し、効率的な管理がしやすくなっている。 Excel 2007よりも前の、従来のバージョンのExcelでは、ファイルの形式が異なるため、.xltx形式のファイルを利用することができない。 ただし、「Excel Viewer」をインストールすれば、閲覧や印刷を行うことはできる。 なお、Excel 2007でマクロが設定されたファイルは「.xlsm」の拡張子で付けて扱われる。 .xltx、および、.xlsxのファイルは、マクロのコードを削除して保存するため、マクロ機能を利用することはできない。 ちなみに、従来のバージョンにおけるExcelのテンプレートには、「.xlt」の拡張子が付いた。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]