編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

1次キャッシュ

用語の解説

1次キャッシュとは

(イチジキャッシュ,L1キャッシュ,レベル1キャッシュ,プライマリキャッシュ,lebel 1 cache,)
1次キャッシュとは、キャッシュメモリのうち、CPUの内部に設置され、最初に読み込まれるメモリのことである。
メインメモリの処理速度はCPUに比べて遅いため、処理全体を遅延させやすい。 そこで、比較的高速なキャッシュメモリが用意され、遅延の低減が図られる。 よく使用するデータはキャッシュメモリに保持しておき、メインメモリを読む前にキャッシュメモリを読ませることで、メインメモリへアクセスする機会を減らすことができる。 1次キャッシュはCPUのチップに組み込まれており、非常に高速にアクセスできる。 1次キャッシュは高速処理を実現するが、コスト上の制約などから大容量化が難しいという側面を持っている。 そのため、1次キャッシュよりも低速だが大容量化が用意なキャッシュメモリ(2次キャッシュ)を用意し、1次キャッシュにデータがなかった場合は、2次キャッシュを読みに行かせることで、メインメモリにアクセスするよりも高速な処理ができるようしている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]