編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

1000BASE-SX

用語の解説

1000BASE-SXとは

(センベースエスエックス)
1000BASE-SXとは、IEEE 802.3zで標準化されたGigabit Ethernet規格の1つである。
1000BASE-SXでは通信ケーブルに光ファイバを利用し、伝送速度1Gbpsを実現する。 1000BASE-SXと同じくIEEE 802.3zで規定されている1000BASE-LXも、光ファイバを使用するが、1000BASE-SXと1000BASE-LXでは使用する光信号の波長が異なる。 1000BASE-SXのデータ伝送距離は光ファイバのコア径により変化するが、最長で550メートルとなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト

  2. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. セキュリティ

    6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは

  5. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]