編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

1000BASE-T

用語の解説

1000BASE-Tとは

(1000BASE-T)

 最高通信速度1GbpsのGigabit Ethernet規格の一つ。

IEEE 802.3abとして1999年に仕様が規定された。

 100BASE-TXと同じ、カテゴリー5(CAT5)やエンハンスドカテゴリー5(CAT5e)のUTPケーブルを使用する規格で、4対8芯の信号線すべて使用する。 最大伝送距離は100m。 ネットワークトポロジーはハブを中心としたスター型LANである。

 1000BASE-TはUTPケーブルを利用する規格のため、両端の機器を1000BASE-T対応のものに入れ替えるだけで、既存の100BASE-TXネットワークをGigabit Ethernet対応にできる。

 Gigabit Ethernet規格には、この他にIEEE 802.3zとして規定されている1000BASE-X規格群があり、こちらはFibre Channelで使用されている光ファイバーなどのケーブルを使用する。 1000BASE-X規格は伝送距離などで優れるが、在来のEthernet規格とは互換性がない。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]