編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

100BASE-T2

用語の解説

100BASE-T2とは

(100BASE-T2)

 Fast Ethernetの規格の一つ。

IEEE 802.3uとして標準化されている。 2対のより対線(UTP)をケーブルに利用し、集線装置(ハブ)を介して各機器を接続するスター型LANで、通信速度は100Mbps、最大伝送距離は100mまでである。 ハブの多段接続は2段階まで。 100BASE-T2は100BASE-TXと違って、既存の10BASE-Tネットワークで利用されているカテゴリー3のケーブルをそのまま流用できることから、10BASE-Tを使ったLANの普及率が高かった北米で広く利用されている方式である。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]