編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

106キーボード

用語の解説

106キーボードとは

(ヒャクロクキーボード,イチマルロクキーボード,106 keyboard,)
106キーボードとは、米国で使用されている101キーボードをベースとして日本語向けに拡張されたキーボードのことである。
キーが106個備わっている。 101キーボードに対して、106キーボードでは、キートップにひらがなが刻印され、新たに変換キーやカタカナ/ひらがな、半角/全角キーといった日本語向けのキーが5個追加されている。 キー配列も米国で採用されているASCII配列から日本語向けのJIS配列に変更されている。 106キーボードは元々、日本IBMが自社のパソコン向けに開発したもので、PC/AT互換機用の日本語キーボードとして広く普及した。 その後、106キーボードをベースにWindows用のキーを追加した109キーボードが登場し、Windows 95の普及などと共に広く用いられるようになった。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]